【3分で読める記事】あなたの生産性を劇的に高める「PDRサイクル」 とは?

PDCAサイクル」の上位互換

PDCAサイクルは、「P(Plan)D(Do)C(Check)A(Action)」で構成される、物事を円滑に進めるための1つ考え方になります。

PDCAサイクル

現在でも多くの企業が、この「PDCAサイクル」を取り入れています。

簡単に説明すると「計画を立てる⇨実行する⇨評価する⇨改善する」、このサイクルを回し続けることで、限りなく成功に近づけていく方法となります。

¥1,540 (2021/06/10 11:43時点 | Amazon調べ)
Contents

PDCAって誰がどうやって生み出した概念なの?

PDCAサイクルは戦後の日本、いわゆる工業化社会において、「一つの製品を如何に効率良く生産できるか」を追求した結果生まれました。

そこではまず設計図(Plan)を立てて、実行(Do)してみる。後にそれを評価(Check)し、更に改善(Action)する。このサイクルが一つの製品を開発するのに、一番効率が良い考えとされていたんですね。

このPDCAという概念は、以上のような生産過程を英文字に翻訳し、より大衆に広まるようわかりやすく「頭文字を取った形」で生まれたのです。

「PDCA」サイクルはもう時代遅れ?

しかしこの戦後に作られた概念は、現代の「情報化社会」でも通用するのでしょうか?

工業化社会の時代では、一つの製品を作るのに「1年以上」の時間が掛けられていました。しかし目まぐるしく変化する現代では、1つの画期的な製品が生まれたとしても、数ヶ月後には大衆の記憶から忘れられてしまうのが現状です。

要するに「PDCAサイクル」では現代の変化のスピードに追いつけず、常に手遅れ状態になってしまう可能性があるのです。

Writing.ch

時代の変化に合わせたもっと柔軟な考え方が必要かもね。

ペンギン君

PDCAサイクルの「メリット・デメリット」をまとめてみたよ。

メリット

  • 目標とタスクが明確になる
  • 現状の課題や問題点が明確になる
  • 無駄な動きをせず、タスクに集中することができる
  • 小さな成功体験から自信が付きやすくなる

デメリット

  • PDCAを回すこと自体が目的となってしまう。
  • 新しい考えが生まれにくい
  • サイクルに取り組むのに、それなりの時間が掛かる
  • 計画を立てる段階で挫折しやすい
Writing.ch

PDCAサイクルのように立派に計画を立てても、結局やらなかったら意味ないよね(笑)

最後にPDCAサイクルのデメリットを払拭した、「PDRサイクル」についてご紹介します。

PDCAサイクルを凌駕する「PDRサイクル」について

「PDRサイクル」とは、変化の激しい現代に向けて生まれた新たな考え方です。

P(Prep)D(Do)R(Review)」で構成されており、1番の特徴としては「Plan」の過程を無視している点です。以下にPDRサイクルの手順をご紹介します。

1.Prep「準備」

Prepとは「準備」という意味を持っています。これは自分が目標を達成するにはまず、「何を準備する必要があるのか?」これを考察します。

例えば「動画編集を勉強したいのであれば、編集ソフトや機材を揃える必要がある」し、勉強はYoutube見れば大体学べるから学校に通う必要は無いだとか、取捨選択していきます。

2.Do「実行」

Doの段階では準備した内容を基に、何かしら目標に直結する行動を取ります。ここではなるべく1日で達成できるような、なるべく「小さな行動」を意識してみて下さい。

3.Review「反省」

Reviewでは、Doで実行した内容で「良かった部分」と「悪かった部分」を同時に明確にし、どうすれば次の行動がより良くなるか改善案を考えます。

以上にように、まず「行動するための準備を整え、すぐに実行し、改善する」、このサイクルを短期間で何度も回していくのが大きな特徴です。

大きな成功ではなく、「小さな成功」を積み重ねる事

PDCAサイクルの生まれた時代では、「1つの大きな成功を納める事が良い」と考えられてきました。

しかし変化の激しい現代では、たとえ大きな成功を手に入れてもすぐに時代に置いていかれてしまいます。

そこで「PDRサイクル」のように、「時代の変化を読み取り、小さな成功の積み重ね」を大切すべきなのです。

以下の動画が参考になります↓

Writing.ch

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

¥1,540 (2021/06/10 11:43時点 | Amazon調べ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる