【技術編・実践編】 上手に「No」を言う方法!!🙅‍♂️ 

この記事ではエッセンシャル思考の特別編として、「上手にNoを言う方法」について解説していきます。

この記事はこんな人にオススメ!

  • 上手に相手からの頼みを断りたい
  • 自分の人生をコントロールできるようになりたい
Contents

「No」という発言が歴史を変えることもある

「人種差別」に対して反旗を覆した、ローザ・バークス。彼女はアラバモンゴルのバスで白人専用席に座り、そこから立ち退くことを「拒否」しました。

当時では逮捕されてしまう行為にも関わらずに。

これが後の黒人による「公民権運動」に繋がり、米国史における文化的象徴と見なされるようになりました。(国際的にも高く評価されています)

まさにNoという発言が歴史を変えた出来事になったのです。

現代の私たちがローザバークスのような経験をする可能性は低いですが、彼女の行動からは「生きる上で大切なこと」学べます。

ローザバークスから学ぶ

皆さんは「自分が『正しい』と思うことと、誰かが『やれ』と言ったこと」が、食い違っていた経験はありませんか?

💬心の中で違うと思いながらも、仕方なく行動する…

・面倒ごとを避けるためにYesと言う
・上司や同僚、友人や親戚の誘いを上手く断れない

他人からのプレッシャーに負けず「きっぱりと断ること」は、エッセンシャル思考の必須スキルです。しかし同時に、最も難しいテクニックでもあります。

特に急に決断を迫れた時、その場で自分の意思を貫くのは困難です。

普段から自分にとっての価値基準を明確にしない限り、自分に取っての本質的な選択を取ることはできません。

Writing.ch

振り返ってみると、気付かぬ内に他人の言われたままに行動してるかもしれない…

ペンギン君

他人に言われるがままの人生なんて嫌だよ〜

🗒_上手に「No」を言うための技術

上手に「No」というための技術として、本書では以下の5つが挙げられています。

断るための技術

一つずつご紹介していきます。

①判断を関係性から切り離す

同僚や上司など誰かに何かを頼まれた時、私たちはそれと「別の何か」と関連付けて判断する傾向があります。

例えば上司からの頼まれごとをされた時、「断ることで信頼を裏切ってしまうのでは?」とネガティブな要素と結びがちです。

その結果「嫌われたくないから上司の頼みは聞く」という認識に陥り、やりたくもない仕事を引き受けることになってしまうのです。

「『断ること』と『相手への感情』」は分けて考える必要があります。

②直接的でない表現を使う

「No」という言葉を使わなくとも、断る方法があります。

例えば>>>

「声をかけてくれて嬉しいのですが、あいにく今は手がいっぱいで…」
「行きたいのは山々ですが、時間を確保できないかもしれません…」

以上のように、一旦誠意を見せてから「時間が確保できない」などと「間接的に断りを入れる」と、相手も納得してその場を引いてくれる可能性が高まります。

③トレードオフに目を向ける

「トレードオフ」を意識すると、中途半端なYesは少なくなります。

例えば「これを選択したら、もっと価値ある行動ができなくなる」と、天秤に掛けてみると良いかもしれません。

私たちの時間は有限です。「自分のやりたいこと」と「相手からの頼み事」、全てを行動に移すのは不可能です。一旦冷静になり、自分にとって本当に必要な行動を優先しましょう。

④誰もが何かを売り込んでいる

人は皆、何かをあなたに売り込もうとしています。これは商品を売るセールスマンに限らず、「物の見方」「特定の個人的な意見を押し付けてくる行為」も含めます。

「相手が何を自分に対し売り込もうとしているのか?」、その真の目的を分析する必要があります。

先述した通り「自分は何を失うのか?」をしっかり考え、合理的な判断ができるように意識しよう。

⑤好印象よりも、敬意を手に入れる

「No」と言うことで、気まずい関係になる可能性はあります。相手は「〇〇をして欲しい!」と思っているのだから、断られたらガッカリしてしまうかもしれません。

しかし「長期的」に見れば、ポジティブな面が多いのです。

短期的な気まずさと引き換えに、しっかりと自分の考えを主張する相手を尊重してくれるようになります。

例えば「自分の時間を安売りしない人間」と相手に認識させ、「〇〇を頼むには申し訳ないなあ」と、相手が勝手に諦めてくれるようになるのです。

⑥曖昧なイエスはただの迷惑

何かを依頼した経験がある人なら分かるかもしれませんが、「曖昧なまま判断を引き伸ばされる」より、その場でハッキリと断る方が長期的に良い印象を与えます。

できないとわかっているのに「とりあえずやってみます」「多分大丈夫です」などと言っておいて、結局何もしないのは最悪です。曖昧にしておいて断るくらいなら、その場で断る方が相手への影響も少なくて済みます。

以上のように、エッセンシャル思考は「No」を言い続ける生活を推奨しています。その為には、先述した6つ技術に加えて、上手な断り方を幾つか学ぶとより効果的です。

次章でご紹介します。

🗒_上手な断り方

最後に「実際に相手と対面した時に使えるテクニック」を簡単にご紹介します。

1.とりあえず黙る

気まずい沈黙を恐れず、誰かに何かを頼まれたら少しだけ黙ってみましょう。
10秒程度、相手の発言の意図を考える時間を設けます。もう少し慣れたら、相手が気まずくなって何か言うまで待ってみましょう。

2.代替案を出す

代替案を出して、相手に歩み寄りながら断ろう。
例えば「今は本の執筆で手が一杯です。もし、この仕事が無事終わったら一緒に〇〇しましょう。時期ですが、夏の終わり頃はいかがでしょうか?」など。

3.予定を確認して折り返します

予定を確認して折り返しますという言葉。
一旦時間をおいて考えると、より一層断りやすくなります。なぜなら「その場でつい引き受けてしまうこと」がなくなり、自分のペースで判断することができるからです。

4.自動返信メール

仕事が休みの時などに、自動返信メールを使う人は多いと思われます。
受け取った側も嫌な気持ちにならず、とても丁寧な断り方です。これを休暇中に限らず「仕事をこれ以上増やしたくない時」など、普段から自動メールを使用するのも良いかもしれません。

5.どの仕事を後回しにしますか?

上司からの頼み事などNoと言うのが難しい状態であれば、「上司にトレードオフを意識させるのが有効です。
例えば「〇〇を優先的にやりますが、今抱えている仕事の内どれを後回しにしますか?」と相手に問うのです。

6.冗談めかして断る

親しい間柄であれば冗談めかして断るのも有効です。「その日は彼女とデートだから!」「その時間はNetflixを観る時間だから譲れない!」など、親しい間柄であれば少しカジュアルに断ってみましょう。

7.肯定を使って否定する

この方法は喜んで引き受けたフリをして、実は断るというテクニックです。
例えば、「どうぞ私の車をお使い下さい。キーをお貸ししますね」と親切な言葉を用いながら、「運転を引き受けない」という意思をハッキリさせます。間接的にハッキリと断ってしまうのです。

8.別の人を紹介する

「私は無理ですが、彼なら興味を示してくれるのでは?」と、さりげなく別の人を紹介してみましょう。
「相手は自分を見込んで仕事を頼んできた」と思いがちですが、実際は「誰がやっても良い仕事」ばかりなのです。

最後に復習します↓

上手な断り方

いかがでしたでしょうか。

上手に断る技術・方法を身に付けるだけで、自分の大切な時間を守り、より人生の質を高めてくれるはずです。是非皆さんも実践してみて下さいね。

また本書には、他にも様々な「人生で役立つ知識」が紹介されています。是非「オススメ文献」の方からチェックしてみましょう。

オススメ文献

Writing.ch

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる