【5分で読める記事】子育てに困っている人必見! 「叱らなくていい子育て」について保育士が解説します

この記事では子育てに困っている方向けに、現役保育士が語る「叱らなくていい子育て」について解説していきます。

Writing.ch

子供が言うことを聞いてくれないと、「ついつい強く叱りつけてしまう」という方は多いですよね。

ペンギン君

また「5分で読める記事」としてまとめているので、ぜひ最後まで覗いてみて下さいね。

この記事はこんな方にオススメ!

  • 子供が言うことを聞かなくて困っている
  • 子育てについて学びたい
  • 子供と良好な関係を作りたい

この記事は「保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」という本を参考に執筆しています。

興味がある方は以下のリンクからチェックしてみて下さいね↓

Contents

記事の結論からご紹介!

Writing.ch

まずは記事の「結論」から紹介するよ!

  • 「できること」より「できたこと」を見よう
    ⇨「チャレンジした結果」よりも、「自分の力でできたという経験」の方が大事
  • 過度な「心配」は子供のためにならない
    ⇨子供を見守り、必要なときに気持ちを受け止めてあげることが大切
  • 物の貸し借りを強いてはならない
    ⇨子供の発達段階で「物の貸し借り」を理解するのは難しい
  • 子供の遊びを尊重する
    ⇨片付けを身に付けさせるには、「満足した遊び」が必要
  • ありのままの子供の姿を受け入れる
    ⇨「理想を押し付け」「過干渉」はなるべく避けよう
ペンギン君

以上の6つの結論について、コンパクトに解説していくよ!

Writing.ch

読者の皆さんもお子さんに試してみて下さいね。

「できること」より「できたこと」を見よう

子供はできないことに挑戦することで、成長していきます。

著者は「自分でできるようになってこそ」成長するため、「あまり手を貸すことをしない」とお話ししています。しかし中には、大人に手伝ってもらうことを強く求めてくる子供もいます。

そういう時は「ちゃんと見てあげるから、自分でできるところまでやってごらん?」と見守ることに注力することが重要です。

Writing.ch

子供が自ら能動的に学ぶ姿を、親が見守る」という関係が良いのかもしれないね。

実は「できること」自体はそれほど重要ではありません。

極端な話、成長がある程度進めば多くのことは誰でもできるのです。むしろ、それを「自分の力」でできたと感じられたかどうかが大切なのです。

子供が何かを達成するには、「『心と体』の両方がそこまで成長しないとできない」ことを親御さんが理解する必要があるのです。

ペンギン君

毎回「〇〇しなさい!」って言うのは、かえって逆効果かもしれないね。

過度な「心配」は子供のためにならない

子供への過度な心配は、親への依存傾向が強めてしまいます。

どうしたの!? ケガしたの!? 早く見せてごらんなさい!! 痛かったわね〜」なんて大げさに子供を心配する親御さんがたまにいます。

しかしこれらの対応は「2つ」の点で良くないことがわかります。

1.子供の自尊心を傷つける場合がある

大した失敗をしていないのに、「自分がとても大きな失敗をしたのではないか?」など、子供は些細な失敗にも敏感に反応するようになってしまいます。

2.泣くことで親に認めてもらうようになる

些細な失敗でも、泣くことで親が過剰反応してしまうと「泣いたり叫んだりすれば親が心配してくれる!」と大人を支配するようになってしまいます。

Writing.ch

では実際にどのような対応をすればいいのだろう…?

ペンギン君

本書では「子供の気持ちに共感し、受け止めること」が大切と書かれています。

もし子供が転んで怪我をしてしまったら、「あ〜転んじゃったね、痛かったね〜、ビックリしたね〜」などと痛かった子供の気持ちに共感し、気持ちを受け止めてあげるのが良いでしょう。

Writing.ch

ここであえて怒ってしまうと子供の自己肯定感を下げてしまうので、「自分もケガしたつもり」で、共感してあげましょう。

物の貸し借りを強いてはならない

子育てをする上で、多くの親御さんが「子供がお友達におもちゃを貸してあげられなくて困っている」という悩みを抱えています。

しかし子供の成長には、身体だけでなく「理解力」などの脳の発達も含まれます。しかしそれ以前に「心の発達」もあることを忘れてはいけません。

多くの方が発達段階なのにも関わらず、「他者にものを譲ること」を子供に求めるそうですが、この時期の子供は「わたしのもの」という感覚の練習中なのです。

発達段階の子供に「返してもらえる前提でものを一時的に誰かに貸す」という行為は、発達段階上、まだ難しい時期とされているのです。

Writing.ch

本書ではまず、「自分のものであることを尊重すること」が重要だとしているよ。

ペンギン君

「私のもの」という心の成長があって、それが認められるようになってからようやく貸すことができるんだね。

子供が「貸したくない」素振りを見せたら、「そうだね〜、今使っているからね〜」と共感し、違うおもちゃを貸してあげたり、その子と別の遊びに取り組むのも良いかもしれませんね。

子供の遊びを尊重する

子供の片付け」を例にご紹介していきます。

どうすれば遊んだものを片付けられるようになるのか?」「片付けをしたがらなくて困っている」という声が多いと、著者は述べています。

しかし親御さんが「片付けなさい!」と強く言ってしまうと、その片付け自体が嫌なものと理解するようになってしまいます。

片付けというのは「遊び」に付随していることですが、これは「遊びにじっくり取り組めること」が前提としてできていなければ身に付くものではない、と本書では述べています。

遊びが上手くできていない子に、片付けだけを身に付けさせようとしても、それには無理があります。

片付けを身につけるために、まずは「しっかりと遊べることを身に付けさせた方が良い」のです。

Writing.ch

片付けも遊びの延長として認識できると良いよね。

ありのままの子供の姿を受け入れる

子供の成長は「大人の性格」に大きな影響を受けます。

本書では大きく「強い大人」と「弱い大人」に分けてご紹介しています。

「強い大人」の特徴

強い大人は子供に「親の理想」を照らし合わせ、「子供あるべき姿」を強烈に求めてしまいます。それに応えようと無理をした子供は、次第に疲れていってしまいます。

例えば、家庭で強烈に「良い子」を求められたある園児は、園で集団行動する際や、遊びの時間に他の園児に攻撃的になってストレスを発散したりする傾向があります。

Writing.ch

他にも子供に将来像を当てはめるばかり「過剰な習い事」や「早期教育」を押し付けてしまうケースもあるね。

「弱い大人」の特徴

弱い大人は自分の不安、心配を自分の中でセーブできなくなり、子供を「過保護」に扱ってしまう傾向にあります。本来は子供が自分で選択すべき行動に対し、大人の手を増やすことで上手く対応しようとするなどです。

例えば歩いて登園する際、子供の言いなりになってしまっているので、子供が道草くったりすることに毎日イライラしています。しかしそれに対応するために、親が力づくで抱きかかえて連れていくしかないパターン。

ペンギン君

他にも、子供に自信を持って強い態度を取ることができず、「食事の際のマナー」や「公共空間でのマナー」なども上手く伝えることもままならない場合もあります。

以上にように「強い大人=理想の押し付け」「弱い大人=過干渉」という特徴が見えてきましたが、これらを防ぐためにはどうすれば良いのでしょうか?

Writing.ch

方法を2つご紹介するよ!

1つ目:ありのままの子供を受けいれる

子供は「親に優しくしてもらったり」「温かい声がけや関わり」「楽しいコミュニケーションやスキンシップ」や「可愛い」「上手だね」などの肯定の言葉によって、心が満たされていきます。

まず最初に取り組むべきなのは、子供との信頼関係を強く築き上げ、「どんな姿の子供でも優しく受け入れる姿勢」を大事にしましょう。信頼関係があってこそ、子育てはスムーズになります。

2つ目:子育てのハードルを下げる

子供の理想像が高かったり真面目な方は、かえって「子育てが大変」と感じてしまう方が多いとされています。

「〇〇させなければ」「△△ばかりして困る」などの課題を一旦考えず、ハードルを下げて「ご飯はちゃんと食べるし健康だからとりあえずいっか」などと意識を変えてしまうのが良いでしょう。

Writing.ch

焦り」や「不安」が子育てを余計に難しくしてしまっている可能性が高いのかもね。

ペンギン君

子育てに正解ないし、100%上手くいくことなんてないから、楽しんで子育てできるのが1番だね。

オススメ文献

まとめ

最後に「まとめ」と、「子育てを手助けするオススメのサービス」についてご紹介します!

記事のまとめ!

  • 「できること」より「できたこと」を見よう
    ⇨「チャレンジした結果」よりも、「自分の力でできたという経験」の方が大事
  • 過度な「心配」は子供のためにならない
    ⇨子供を見守り、必要なときに気持ちを受け止めてあげることが大切
  • 物の貸し借りを強いてはならない
    ⇨子供の発達段階で「物の貸し借り」を理解するのは難しい
  • 子供の遊びを尊重する
    片付けを身に付けさせるには、「満足した遊び」が必要
  • ありのままの子供の姿を受け入れる
    ⇨「理想を押し付け」「過干渉」はなるべく避けよう

今回ご紹介した「保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」」については、下記のリンクからチェックしてみて下さいね↓

絵本読み聞かせサービス「みいみ」

子供が小さい頃から「絵本の世界」に触れておくと「想像力や感情」が豊かになり、また「将来本を読むのが好きになる」傾向があります。

ご紹介する「絵本読み聞かせアプリ『みいみ』」では、スマートフォン1台でプロのナレータによる読み聞かせを楽しむことができます。

今なら「1ヶ月間無料」ですので、下記のリンクからチェックしてみて下さいね。

\今なら1ヶ月無料/

いつでも退会可能

アプリの特徴や実体験を記事にしています!

アプリの「登録方法」についてまとめています!

「読書が苦手な方」にオススメのサービス

読書な苦手な方は、「耳で聞く読書」や「本の要約サービス」をオススメしています。

Amazon オーディブル

Amazon オーディブル」は「耳で聞く読書」と呼ばれており、文字を読むのが苦手な方にオススメです。

Amazonが提供していることもあり、非常に多くの本がカバーされています。忙しくて時間が取れない方も気軽に読書体験ができるので、人気のサービスとなっています。

最初の1冊は無料です。その後、「1ヶ月1500円の料金を払うことで月に1枚コインをもらい、そのコインで好きなコンテンツを1つ購入」することができます。

通常購入だと別途でお金がかかってしまうので、毎月もらえるコインで定期的にコンテンツを購入するのがオススメです。

Writing.ch

いつでもどこでも気軽に本が読めるからオススメ!

ペンギン君

最初の1冊は無料」だからまずは試してみよう!

\今なら無料で1冊もらえます!/

いつでも退会可能

本要約アプリ「flier(フライヤー)」

flier(フライヤー)」は「10分で読める時短読書」として、多くの本が登録されています。

その数は、毎日1冊、1年間で365冊追加され、過去の蔵書が1400冊以上。

プランの概要は以下のようになっています↓

シルバープランでは有料の要約コンテンツが「5冊」と限られているため、個人的にはゴールドプランがオススメです。

また無料プランは読むことができる本がかなり限られているので、あまりオススメはできません。

Writing.ch

以下のリンクからチェックすると、通常入会より「10%OFF」になっています!

\今なら初回7日間無料!!/

登録日から7日間無料。翌日からは自動更新となります。

Amazon Primeへの加入もオススメ!!

Amazon Primeに加入すると、「送料無料」「Prime Video見放題」になるだけではなく、「Prime Reading」で月に数冊無料で本が読めるので、かなりオススメです!!

読むことができる本はベストセラーに選ばれた本が多く、様々なジャンルから毎月読める本が選定されます。種類は限られますが、他のサービスのことも考えるとかなりお得です。

\今なら「30日間」無料!!/

いつでも退会可能

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる